健康経営

東京海上グループ健康憲章

社員の働きがいを高め、経営理念の実践と企業価値の向上を追求し続けるためには、社員とその家族の心身の健康が重要であり、東京海上グループは、以下の観点から取り組みを推進します。

  • 一人ひとりが、健康をかけがえのないものとして大切にし、主体的に健康増進に努めます。
  • 健康への投資を行い、健康増進に積極的に取り組む環境と企業風土を確固たるものとし、継承していきます。
  • お客様や地域・社会における健康増進への取り組みを支援することにより、社会課題の解決につなげ、健康で豊かな未来の実現に貢献します。

取締役社長グループCEO

健康経営推進体制

当社は、社員・衛生委員会・会社・健康保険組合が一体となり、社員の健康の保持・増進のための活動を継続的に行っております。

[社員]健康施策への参加 健康診断・保健指導受診 [衛生委員会] [会社]健康施策実施推進 健康課題把握・対策 [健保組合]健康施策の実施

「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門(ブライト500))」の認定

当社は、経済産業省が制度設計を行い日本健康会議が認定する「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門(ブライト500))」に認定されました。
健康経営優良法人2021(中小規模法人部門(ブライト500))認定法人として、健康経営を実践し、社員とその家族の心身の健康を通じ、お客様の人生や幸せ、繁栄に貢献してまいります。

2021 健康経営優良法人 Health and productivity ブライト500